無料占い

【無料占い】夢花羅針盤で占う!あなたの出逢いから結婚まで<大河内元女>

投稿日:2018-03-08 更新日:

鑑定された人が当たりすぎて、ネットでは確実に未来が知れる占い師として紹介されたり、取材が殺到!

大手雑誌やTV出演のオファーなどが相次ぐも対面鑑定が疎かになることを懸念し…メディア出演NGに!そんな噂の占い師“大河内元女”をあなたはご存知でしょうか。

「夢花羅針盤」で過去から現在…そして未来を“第六感インスピレーション”で読み解く!大河内元女

元女

 幼少の頃より自らの霊視能力の存在に気づく。しかし、そのあまりの威力に周囲の大人から諭され、封印をし続けてきた。その後は自分の体験の中でのみ、その能力を扱ってきたが、成長するにつれ、人生の幾多の苦難・悲しみを経験し、自分を責める日々が続く。

気持ちを整理すべく、1992年、真言宗寺院にて得度を行い、出家をする。そのとき自身を浄化する方法や、今までイメージしていたことを相手に伝える手段を学び、同年、占い師として活動をスタートすることになる。
現在は個人での鑑定業を中心に、イベント活動などにも参加。

“運命のリズム”で進みたい未来へ導いてくれる『夢花羅針盤』とは

羅針盤
大河内元女が使用する『夢花羅針盤』

古の時代から人々は天を仰いで季節を知り時間を記憶して、生活の中に取り入れて生きてきました。
星の動きや、季節の移り変わりに一定のリズムがあるように、人生にも過去から現在、そして未来へと流れる「運命のリズム」があります。
『夢花羅針盤』は、その「運命のリズム」を東洋思想で集約して12正座であらわしました羅針盤です。夢花羅針盤を使用し、過去を振り返り現在を把握し、与えられた運命のリズムを知ることで、よりいっそう幸せな人生を歩んでいけるのです。

ここまでわかる!『夢花羅針盤』で読む“第六感インスピレーション”

あなたの「婚期」とお相手の「運命の異性」についてわかる!
そのお相手のお名前・年齢・血液型・ご職業・年収まで!

恋人

片想いの相手の本当の気持ちまでわかる!
大河内元女が鑑定を通して読めた相手の本心をそのままお伝え。二人の気持ちが交わる時まで鑑定できます。

恋

結婚後の未来も羅針盤に刻まれています。
あなたの将来の家族構成から、最愛の人と過ごす結婚生活や、子どもの様子まで鑑定できるのです。

家族

【無料占い】夢花羅針盤で占う!過去から現在……そして未来へ

あなたの
運命のリズムを運命によって用意されし『過去からの布石』
そして現在のあなたについて…『真実の啓示』
あなたの『未来を導く光』 知りたくはありませんか?

元女占い

【無料鑑定あり】
望むなら、その願い最短成就!
あなたの人生シナリオみせてあ・げ・る
【無料鑑定あり】
可能性がゼロでも大丈夫。
確実に両想いへ変えてあげる。
伝説の占い師新宿の母が占う!2021年の運勢無料公開中
【無料鑑定あり】
あのBIGカップルの結婚も予言!
可能性ゼロ⇒即成就!

-無料占い

関連記事

【無料占い】恋愛市場が緊急事態!? 15万人以上が体験している【絶対両縁占い】で“会えない恋”を叶えよう♪

新型コロナウイルス感染症の流行は収束が見えず、私たちの暮らしが大きく変化するなか、恋愛や結婚にまつわる状況もかなり厳しくなっているようです。 私の周辺からも、様々なお悩みの声が聞こえてきます。 ・好き …
新宿の母栗原すみ子伝説の占い師的中率

【無料占い】鑑定歴60年の『新宿の母』が、あなたのこの先の恋愛・結婚を占います

どうして恋愛がうまくいかないんだろう……。 どうして結婚できないんだろう……。 恋愛・結婚がうまくいかなくて悩んでいるなら、私たちを幸せへと導いてくれる超有名占い師に相談してみませんか? その占い師と …
無料占い咲羅紅さくらべに恋愛結婚運命の相手ご縁赤い糸を結ぶ

【無料占い】将来、私の隣にいる人<結婚相手>

自分の心の中も周りもザワザワ……。 「大好きな彼は、今、どうしているかな……」 「大好きな彼は本当に運命の相手?」 なんて考えている女性もいれば 「本当に運命の相手なんているのかな……」 「自分に幸せ …

【今、1番占ってほしい!】嘘も見抜く鑑定が凄かった!麻恵エマの実録・神伝説【結婚/恋愛/復縁/人生】

みなさん、おうち時間は何してますか? 占い好きの私は、某コミュニティサイトの占いトピックや、口コミなどを読み漁って充実した時間を過ごしています(笑) 自分が占ってもらうのはもちろん好きですが、体験談を …

【必見】あの有名人カップルも予言的中!?愛の伝道師JUNOの占いまとめ

2012年にフジテレビで放送されたバラエティ番組「アウトデラックス」に出演した占い師、JUNO(ユノ)さん。 最近、JUNOさんの名前を至る所で見かけるようになりました。 例えば、デイリースポーツの“ …