タロット占い・無料占い、話題の開運パワースポットなど、あなたの恋愛を応援する情報をお届けします

恋愛コラム

男性が本気でドン引いた【女性からのアプローチ】

投稿日:2019-01-03 更新日:

男性ドン引く女性アプローチ

気になる男性ができたとき、少しでもこっちのことを気づいて欲しいから、何らかのアプローチをする……。

それって、好きな人ができた女性なら誰しもやったことがあるのではないでしょうか。

そんな女性からのアプローチ。

人によってやり方は様々ですが、中には男性がドン引きしてしまったものもあるようです。

実際、どんなアプローチが男性からドン引きされるのでしょうか?

女性からのドン引きアプローチ1:しつこい連絡

男性ドン引く女性アプローチしつこい連絡

好きな人の連絡先を知ることができたら、やっぱり何らかの連絡を取りたいもの。

それが、例えば平日の夜中や土日などに頻繁に送ってしまっていたら……。

「何してるの?」
「休日は何して過ごすの?」
「今日こんなもの食べたの」

好きな相手からでも、こんなLINEやメールが頻繁に来たら、やはり男性は面倒に思って引いてしまうようです。

LINEなどは、既読スルーにして様子を伺う……なんて声もありました。

LINEにしろメールにしろ、相手の出方をしっかりと見極めないと、ただの“しつこい人”になりかねません。気をつけましょうね。

女性からのドン引きアプローチ2:激しいボディタッチ

男性ドン引く女性アプローチ激しいボディタッチ

ちょっとしたボディタッチでコロッといっちゃう男性が多いなか、好きでもない人からの強引なボディタッチは、正直ドン引き。

気軽に触られたくない、という考えの人もいますので、ボディタッチをするなら、ソフトにするのがいいみたい。

何らかの時に腕にちょっと触れる程度が、印象もよさそう。

べたべた触ると「誰にでも触る人」という印象を与えてしまうようです。

女性からのドン引きアプローチ3:酔った勢い

男性ドン引く女性アプローチ酔った勢い

「シラフじゃとてもじゃないけど無理! 酔った勢いを使わないと!」

これって、男女問わずあり得るお話なのですが、酔った勢いのアプローチは意外と信用度が低いみたいです。

筆者の周りに聞いてみたところ

「お酒を飲むと誰でも良くなるのでは?」
「明日になったら忘れてそう」

と、あまり良い印象がない様子。

また、お酒で潰れそうになっていたら、そっちの方が気になってアプローチされてるかどうか気づかないなんて声もありました。

お酒の力を借りてちょっと大胆に、というのは、それなりに信用を得てからにした方がいいようですね。

女性からのドン引きアプローチ4:積極的すぎ

男性ドン引く女性アプローチ積極的すぎ

あまり話したことないのに、強引に食事に誘われることがあったり、場所を言ってないのに、調べて職場にやってきたり……。

それって、逆に考えてみたら、ちょっと怖いことだと思いませんか?

昨今、草食系男子が多いので、自分からリードするのもとてもよいことですが、相手が本当に草食系なのか、ちゃんとリサーチすることが大切。

積極的な女性が好きという男性なら少々ぐいぐいいってもOKですが、そうでなければ、ドン引きされている可能性も高いです。
男性ドン引く女性アプローチやり過ぎ厳禁

いかがですか?

どのアプローチも、ある分野では「男性が落ちる!」と言われているもの。

でも、別の分野では「男性がドン引きする」。

難しいですよね。

とはいえ、どれも、行き過ぎていないかどうか、という点が重要。なんでもそうですよね、やり過ぎ厳禁。

好きな人にするアプローチが間違っていないか、今一度見なおしてみてはいかがでしょうか!

絶望的な悩みも水晶玉子がすべて解決しますよ
愛されたい?だったら私のところにいらっしゃい

-恋愛コラム

関連記事

二極化するアラフォー女性

二極化するアラフォー女性。男性が心惹かれるアラフォーモテ女の魅力

一昔前まで、30歳を過ぎた女性は ・凄いお金持ち ・凄く頭がいい ・凄い美人 でなければ結婚できないとも言われていました。 しかし、今やアラフォー婚時代。 モテ女の定義にお金・頭脳・美人なんて関係がな …

不倫禁断恋愛止まらない理由

好きなあの人は既婚者――“禁断の恋心”は、どうして止められない?

不倫は許されない恋。 わかっているけれど、どうしても愛さずにはいられない……。 不倫の恋をしている人の心の中では、いつでもこの葛藤が起こっていることでしょう。 また、不倫にまで進んでいなくとも、家庭の …

男性が見せる脈アリ行動

【男性が見せる“脈アリ”な行動】わかりにくいアピールこそ本気の証?

恋の成就を叶えるポイントに、チャンスを逃さないというものがあります。 好きな人の態度の中に好意の気持ちが隠れているのを見つけたら、逃さず反応するのです。 とはいっても、「相手の行動に好意があるかどうか …

相性が合わないNG行為

「相性が合わない」そんな風に思われないために知っておきたいNG行為

「なんか、相性あわなくてさ」 恋の終わりがけによく聞く言葉。 曖昧ですが、これほど強烈な終わりの言葉もありません。 そして、その多くの場合、どうして相性があわないと思ったのか、伝えられることはありませ …

結婚への悪影響ロスジェネ世代

お金・自信が持てない……【漂流するロスジェネ世代】結婚への悪影響

1970年~1982年度生まれ(現在アラフォー~40歳台)の人々は今、ロスジェネ世代といわれています。 バブルがはじけた時期に就職活動をしなければならなかった、いわゆる就職氷河期を過ごした人たちです。 …