恋愛コラム

男性にとって恋愛と結婚は同じなの? 別モノなの?

投稿日:2019-04-16 更新日:

男性恋愛結婚別モノ

女性にとって、恋愛の先にあるのが結婚、そういう考えの人が多いと思います。

しかし、恋愛は「好き好き大好き!」だけでやっていけますが、結婚はそうはいきません。生活という重~~いものがのしかかってくるからです。

では、男性にとっての恋愛と結婚はどのように捉えているのでしょうか?

恋愛→結婚したい派の男性

男性恋愛結婚同じ

恋愛してから結婚したい、それは男性にもある大きな感情です。

このタイプの男性は、なぜ恋愛してから結婚したいと考えるのでしょうか。

理由1:恋愛感情は結婚に必要だと考えているから

男性恋愛結婚同じ感情

男性は、周りからの強制や年齢を理由に結婚できない動物なのです。

結婚そのものがしたいだけ、とは思えない生き物なのでしょう。

独身で、適齢期を過ぎた男性のほとんどの人が「今まで結婚したいと思える相手と出逢わなかった」ということかもしれません。

理由2:恋愛してからじゃないと結婚できないと考えているから

男性恋愛結婚同じ順序

男性にとっても結婚は人生の一大イベント。自分の人生の半分以上を過ごすことになる相手を決めるということは大きな問題です。

ですから、恋愛をして相手の人となりをしっかり知ってからでないと結婚には踏み切れないと考えるのでしょう。

恋愛期間は、いわば相手の品定め期間としても捉えられているといえそうです。

恋愛と結婚は別モノ派の男性

男性恋愛結婚別モノ

では、逆に、恋愛と結婚は別物だと考える男性はどうなのでしょう?

実は、男性の約半数は恋愛と結婚は別と考えているようです。

理由1:恋愛は遊びの範疇と考えているから

男性恋愛結婚別モノ遊び約半数の、恋愛と結婚を別として捉えている人は、大抵が恋愛は遊びだと捉えているというのです。

その理由として、恋愛は下心だけれど、結婚は下心だけではやっていけないから、とか。

恋愛を司るのは性欲であり、結婚は頭脳が司る、ということなのでしょうか。

実際「俺、この子と寝てみたい!」と思っても、「この子と結婚してみたい!」という考えにはならないのです。

理由2:一生一緒にいられるか考えるから

男性恋愛結婚別モノ一緒にいられるか

恋愛の最大の利点ともいえるのが、嫌気がさしたらサヨナラできること。

しかし、結婚はそうはいきません。家族がいて、その先の親戚がいて、友人関係があって……。二人だけのことでは済まないからです。

それは果たさなくてはならない、義務や権利が公的に認められていることだからこそ。

しかし、恋愛にはそういう縛りが一切ありません。そういう意味では、恋愛はしたい放題、なのかもしれませんね。

男性にとって恋愛と結婚は別モノ? 結論は……

男性恋愛結婚同じ別モノ見定める

男性の気持ちは恋愛した後に結婚できればベストだけれど、そうは問屋が卸さないという考えのようです。

相手を好きにならなくちゃ結婚はできないけれど、好きだけでは結婚できない……。

結婚には親兄弟・親戚……と、たくさんの付随するものがあり、そして一生の生活を共に過ごすという覚悟が必要だから。

男性は結局、結婚相手としてしっかり見極めるために恋愛をしたいのでしょうね。

【運命の出逢いは突然に】年齢=彼氏いない歴の私が結婚!?
【無料占い】\伝説の占い師/新宿の母が占う!
下半期の運勢・結婚運
絶望的な悩みも水晶玉子がすべて解決しますよ

-恋愛コラム

関連記事

こじらせ女子の特徴と芽を摘む方法「面倒くさいオンナにはなりたくない!」

「あの子って、こじらせてるよね」 一緒にいるとちょっと面倒くさい。そんな女子を、最近では“こじらせ女子”と呼びます。 同性からだけでなく、異性からもちょっと距離を置かれてしまうので、なかなか恋愛もうま …

30代からの恋愛女性

30代からの恋愛開始~悩み多き女性に送る「大切なこと」とは~

30代に入って何が焦るか。 色々あるかもしれませんが、そのうちの1つは、20代の頃「まだまだ余裕!」と思っていた結婚のことではないでしょうか。 20代の頃は、周りも遊んでいるし自分自身もまだやりたいこ …

12星座別天秤座てんびん座女性の特徴美的センスを持ったロマンチスト

【12星座別の特徴】天秤座(てんびん座)女性はこんな人~美的センスを持ったロマンチスト~

9月23日から10月23日の間に生まれた天秤座の女性。 「今、いかに充実な毎日を過ごすか」ということを考え、充実を求める気持ちが満たされることこそに美徳を感じるのが特徴的です。 自分の中にある美意識を …

恋愛上手カップル意図的に心がけている

恋愛上手なカップルが意図的に心がけている<8つのこと>

皆さん、恋愛を楽しんでいますか? 上手く行っているカップルをみると「自分たちもそうなりたい!」と思うもの。 とはいえ、恋愛における愛情表現って、しすぎてもしなさすぎても問題になります。 そこで今回は、 …

自虐女オバサン自己否定

「オバサンでごめんね!」……もしかして自虐女になっていない?

最近、時々見かける「自虐女」。 あなたの周りにもいませんか? 「ごめんね、オバサンが隣の席なんてねー! きゃーお肌ピチピチ!」 「そのことなら、こういう理由があるからだよー。無駄に歳食ってるから何でも …