タロット占い・無料占い、話題の開運パワースポットなど、あなたの恋愛を応援する情報をお届けします

恋愛コラム

こじらせ女子の特徴と芽を摘む方法「面倒くさいオンナにはなりたくない!」

投稿日:2019-01-22 更新日:

「あの子って、こじらせてるよね」

一緒にいるとちょっと面倒くさい。そんな女子を、最近では“こじらせ女子”と呼びます。

同性からだけでなく、異性からもちょっと距離を置かれてしまうので、なかなか恋愛もうまくいきません。

決して悪い子じゃない。けど、こじらせてるから……。

あなたは周囲の人たちに、そう思われてはいないですか?

“こじらせ女子”はネガティブ

こじらせ女子特徴ネガティブ

こじらせ女子は、いいかえれば「自信がない女子」です。

そういうと、たいていの人が、「えっ? じゃあ、私もこじらせ女子かも」と感じてしまうかもしれませんね。

そこで、あなたが“こじらせている”かどうかを、まずはチェックしてみましょう。

ひとつでも当てはまれば、こじらせ予備軍。

3つ以上当てはまったら、立派なこじらせ女子です。

【こじらせ度診断】

□「ありがとう」より「すみません」ということが多い
□「どうせ私なんて……」といいがち
□活発な人や目標を持っている人と接するのは苦手
□告白なんてもってのほか。恋愛は受け身一択
□おひとり様万歳! 何をするにも人に合わせるのは苦痛
□スカートが嫌い。パンツスタイルLOVE!
□イケメン男子には近づきたくない

こじらせ女子3パターン

こじらせ女子3パターン

こじらせ女子にもいくつかタイプがあります。

どのタイプも、基本は「自分に自信がない」ことが根底にありますが、そのネガティブさの表し方に違いがあります。

こじらせ女子Aパターン:自虐発言多めでフォロー待ち

こじらせ女子パターン自虐発言多めフォロー待ち
「私、ブスだし……」
「もう若くないから~」
「私、女っていうよりもはや男だよね」

容姿、年齢、性格などを自分で否定してしまうタイプ。

人からいわれて傷つく前に、自分でいってしまおうと考えるのです。

「そんなことないって」と周囲からフォローされるのを、心の奥で期待しています。

こじらせ女子Bパターン:輝く人を否定しつつも羨ましい

こじらせ女子パターン羨ましい

男性人気の高い女性を見れば、「男にだけ愛想がいい」「媚びてる」「男のことしか考えていない」など悪口のオンパレード。

ですが、実際は自分も持てたいし、異性に愛想よくしたいというのが本音。

自信がないがゆえに、素直に羨ましいといえないのです。

こじらせ女子Cパターン:個性派を気取りつつ戦々恐々

こじらせ女子パターン戦々恐々

一般的な女性像に自分が当てはまらない、と思ったとき、個性派に進むのは悪くありません。

ただ、極端な個性に走ってしまうこともあります。

そして、一般的な女性像に当てはまる女性に対して「つまらない人」という評価をしたり、距離を置いたりすることも。

自然と孤立してしまうので、恋愛も人間関係もうまくいかなくなってしまいがちです。

誰もがこじらせ女子になる危険を持っている

誰もがこじらせ女子

こじらせ女子になってしまうのには、原因があります。

その原因は、特別な出来事ではなく、日常に起こる出来事です。

●外見重視のトラウマ

こじらせ女子外見重視のトラウマ

学生時代などは、容姿の評価がシビアな時期でもあります。

その時代に、異性から外見をバカにされるなど心に傷を負った経験があると、「自分はブス」とネガティブになってしまいます。

●個性否定のトラウマ

<aggravatedgirl_artistic.jpg> alt:こじらせ女子個性否定のトラウマ

「女性は〇〇でなければいけない」といった固定概念が強い環境で育った場合、その概念に当てはまらない自分を見つけてしまうことで、劣等感を抱いてしまうことがあります。

周囲から否定されてしまうことでも、ネガティブになるでしょう。

こじらせ女子の芽を摘む方法

こじらせ女子の芽を摘む方法

こじらせ女子になって、周囲から「面倒くさい人」と思われないようにしたい。

そのためには、想い込みを捨てることが大事。

「女性は○○でないといけない」といった固定概念や、「自分には○○は似合わない」といった想いに、「それ、本当?」と疑問を投げかけるのです。

こじらせ女子のほとんどは、自身の中にある想い込みに苦しめられています。

あなた自身が柔軟になることで、“こじらせ”の芽を摘むことができるのです。

-恋愛コラム

関連記事

男性の態度気のない女性

気のない女性に対する男性の態度【男の本音】はここでチェック!

好意を持っている異性への態度と、そうでもない異性に対する態度には、少なからず違いが出てくるもの。 それは、男性であっても女性であっても同じです。 恋をしていると、自分が相手から好意を持たれているのか、 …

男性が本気の女性にだけ話す内容

別れ際……いつか大好きな彼と復縁するために女性ができる【5つのこと】

別れたくなかったのに別れるしかなくなった……。 そんな時の振る舞い方によって復縁・復活愛への道が大きく変化するとしたら……。 今回は、彼とお別れする際に女性であるあなたがとるべき態度について見ていきま …

雰囲気美人モテ方法

モテる女性は雰囲気美人!? 美人以上のモテを手に入れる【6つの方法】

「あの人、特に美人ってわけでもないんだけど、ヤケに男性にモテるんだよね……」 なんて人、いませんか? 顔が特別整っているわけでもないのに美人オーラが漂っている……そんな女性です。 そういう人はいわゆる …

不倫禁断恋愛止まらない理由

好きなあの人は既婚者――“禁断の恋心”は、どうして止められない?

不倫は許されない恋。 わかっているけれど、どうしても愛さずにはいられない……。 不倫の恋をしている人の心の中では、いつでもこの葛藤が起こっていることでしょう。 また、不倫にまで進んでいなくとも、家庭の …

年の差カップル

何歳からが年の差カップル? 年齢の離れた二人がうまくいくコツ

『年の差カップル』と聞いて、最初に何を思い浮かべますか? 私の場合は男女どちらが年齢が上かということ。 男性のほうが上? 今では女性のほうが上であるケースも増えてきているかもしれませんね。 そんなこと …