恋愛コラム

ここが違う! ずっと彼氏と仲良くいられる女子の特徴とは?

投稿日:2019-02-07 更新日:

彼長続き女子ポイント

恋愛していれば、喧嘩のひとつもしたり、付き合って早々に別れ話まで発展したりする……なんて心労の強い恋をすることもあります。恋愛に引っ掻き回されて、仕事や勉強が手に付かない、なんて人もいるのではないでしょうか。

そんな状況を想像すると……安定した恋愛って、やっぱり素敵ですよね。

「なかなか長く続かなくて……」
「気が付くと重いと言われて別れちゃう」

なんて、辛い恋をしている悩める女子に、少しでも長続きできる恋のヒントをお教えします。

彼氏と長続き女子の特徴1:自分をコントロールできる

彼長続き女子ポイント自分コントロール

安定した恋をしている女子は、自分のことを把握して、自分自身をうまく操縦することができます。

恋愛中は、いろんなことがありますから、気づくと自分で自分をうまく操れない、なんてこともあるかもしれません。しかし、自分で自分を操れなくなったら、感情が暴走して大変なことになってしまいます。

嬉しい・楽しいなどの感情は、そのままにしておいて大丈夫。では、負の感情の時はどうすればよいのでしょう?

彼長続き女子ポイント何もしない

イライラしたら、そのまま彼氏にぶつけてしまう、なんて人もいるのではないでしょうか。それはやっちゃダメ!

イラッとした時は“何もしない”。これが一番ベスト。

もしイライラしてどうしようもない時には、メールに思ったことを書き連ねて一旦保存しましょう。そして、イライラが収まった時に、そのメールを読み返して、彼氏に送るかどうか判断するのです。

冷静になった時、このメールを読み返したら、大抵の場合「送らなくて良かった……」と思えるはずです。

自分のことをうまくコントロールできないという人は、まず負の感情に囚われた時に何もしないことを心がけましょう。

彼氏と長続き女子の特徴2:表情・感情表現が豊か

彼長続き女子ポイント表情感情表現が豊か

人間関係がうまくいく人は、往々にして感情表現が豊かです。

筆者が今まで出逢ってきた人々を思い浮かべると、自分の感情表現が豊かで、わかりやすく自分を表せる人は、他人の感情にも敏感でうまく察することができる人が多と感じます。

彼長続き女子ポイント語彙力

また、感情表現が豊かな人というのは、語彙力が高い人でもあります。自分の気持ちを言葉にうまく載せることができるのです。

対人関係の深いところとも言える恋愛関係において、感情表現はとても重要な部分。相手の気持ちに共感できるかどうか、という点はとても大切です。

恋愛関係を安定させたいのであれば、感情表現は細かく丁寧にしましょう。そして、相手の気持ちを慮ってください。

彼氏と長続き女子の特徴3:問題解決力がある

彼長続き女子ポイント問題解決力

どんな完璧に見えるカップルでも、何かしら問題は起こるもの。

日の浅い関係ならまだしも、それなりに付き合って深い関係になれば、いろんな問題が山積みになることもあるでしょう。

例えば、口喧嘩したとき、最後は「ごめん」の一言で終わらせてしまっていませんか? もちろん、男性にもこれは言えることなのですが……。

その時の喧嘩になった原因が解決されなければ、また同じことで喧嘩しかねません。

中には、喧嘩後の謝罪タイムにおいて、その喧嘩の原因を口にするのを嫌がる人がいるかもしれません。

しかし、

  • なぜ喧嘩になったのか
  • どうすれば解決するのか

を話し合わなければ、結果は火を見るより明らか。

この能力は男性も必要です。

互いに、問題をひとつずつ解決する力を持つことが、安定した関係を続けることに繋がるのではないでしょうか。

彼長続き女子ポイント安定した恋愛関係

どんな恋愛も、相手に求めるばかりではなく、自分から動いてみることは、大切なことのひとつです。

自分から問題を改善して、より良い関係になれるように。そうすれば、安定した恋愛関係を続けていくことができるようになるのではないでしょうか。

【運命の出逢いは突然に】年齢=彼氏いない歴の私が結婚!?
【無料占い】\伝説の占い師/新宿の母が占う!
下半期の運勢・結婚運
絶望的な悩みも水晶玉子がすべて解決しますよ

-恋愛コラム

関連記事

短命恋愛長続き5ポイント

その恋はまた短い命? 長い付き合いをするために確認したい【5つのポイント】

「また、終わっちゃった……」 いくら見た目が好みでも、魅力あふれる相手だとしても、付き合っては別れる……と短い恋を続けている人は、相手との相性をしっかり見ていない証拠。 どうして、短い恋で終わってしま …

結婚相手の選び方“自分をどんどん好きになる恋”がオススメ!

大好きな人と結婚したい。 そう想う気持ちは誰の心にもあるでしょう。 ですが、幸せな結婚生活へと進んでいくためには、「あなたが誰を好きか」という視点よりも重要な視点があるかもしれません。 自分の身を破滅 …

結婚への悪影響ロスジェネ世代

お金・自信が持てない……【漂流するロスジェネ世代】結婚への悪影響

1970年~1982年度生まれ(現在アラフォー~40歳台)の人々は今、ロスジェネ世代といわれています。 バブルがはじけた時期に就職活動をしなければならなかった、いわゆる就職氷河期を過ごした人たちです。 …

恋の始め方

【恋の始め方は人それぞれ】あなたに合った方法で恋を掴もう!

今はまだ好きな人はいないけれど、素敵な異性と恋を始めたい。 でも、待っているだけでは恋を始めることはできません。 あなたが素敵な恋をするには、行動あるのみ! あなたに合った恋の始め方、見つけてみません …

男性の脈ナシ表現方法

【男性が脈ナシを表現する方法】こんなこと対応をされていたら要注意!

せっかく好意を持ってくれていても、他に好きな人がいたり、その人が恋愛対象外の人だったら、お断りしちゃいますよね。 しかし「興味ないから!」なんて直球で言うのは勇気がいるもの。 ですから、やんわりとお断 …