タロット占い・無料占い、話題の開運パワースポットなど、あなたの恋愛を応援する情報をお届けします

厄年

2018年の厄年(平成30年)男女別早見表で『厄年』を分かりやすく解説!

投稿日:2017-10-17 更新日:

厄年初詣

普段は意識していなかったとしても、何か問題が起こると「もしかして厄年のせい!?」と思う人、少なくないのではないでしょうか。

今回は2018年(平成30年)に厄年を迎える男性・女性の年齢をはじめ、厄年の場合の過ごし方・厄年の人を待ち受けている運勢を確認していきましょう。

そもそも「厄年」とは何?

厄年とは厄災が多く降りかかりやすいとされる年齢のことを指します。男性の厄年は数え年で25歳・42歳・61歳、女性の厄年は数え年で19歳・33歳・37歳とされています。

厄年陰陽道が由来とされていますが出典は曖昧であり、また科学的根拠も不確かだとされています。

しかし、厄年に当たる年齢のことを考えると「厄祭が多く降りかかりやすい年齢」と言われるには、十分な理由があるように感じます。

仕事女子

19歳・25歳は青春期、33歳・42歳は青春期を過ぎて中高年期への過渡期です。つまり「人生の曲がり角」と言うことができるでしょう。

凶事が起こらなくとも、不慮の事故・怪我・病気なども起こりやすいのではないでしょうか。

厄年が何歳か計算する時には「数え年」になる点に注意!

厄年数え年

厄年は「数え年」で計算します。つまり、誕生月を迎えたタイミング歳をとるのではなく、正月を迎えるタイミングで歳をとると考える必要があるのです。

例えば…

12月31日が誕生日の場合

生まれたその瞬間=1歳

翌日の1月1日=2歳

という考え方になります。

基本的には自分の年齢に1歳プラスした年齢が「数え年」だと考えればよいでしょう。

厄年って1年の中でいつ始まる?いつ終わる

厄年立春から節分まで

色々な考え方があるようですが、一般的には“立春から節分まで”だと言われています。
ですから、2018年(平成30年)の厄年は2018年2月4日から始まり、2019年2月3日に終わります。

2018年(平成30年)今年に厄年を迎える男性・女性の年齢&干支

「数え年」の考え方や厄年の期間が分かったところで、ここからは2028年(平成30年)に厄年を迎える男性・女性の年齢について見ていきましょう。

※ここから先に表記される年齢は全て「数え年」です。
※誕生年および干支については普段から使っているものと同一です。

2018年(平成30年)今年に厄年を迎える男性の年齢&干支

まずは男性です。

前厄 本厄 後厄
24歳
1995年(平成7年)生まれ
亥年(いのししどし)
25歳
1994年(平成6年)生まれ
戌年(いぬどし)
26歳
1993年(平成5年)生まれ
酉年(とりどし)
41歳
1978年(昭和53年)生まれ
午年(うまどし)
42歳
1977年(昭和52年)生まれ
巳年(へびどし)
43歳
1976年(昭和51年)生まれ
辰年(たつどし)
60歳
1959年(昭和34年)生まれ
亥年(いのししどし)
61歳
1958年(昭和33年)生まれ
戌年(いぬどし)
62歳
1957年(昭和32年)生まれ
酉年(とりどし)

男性の本厄のうち、42歳、つまり、1977年(昭和52年)生まれの男性が「大厄」となります。

2018年(平成30年)今年に厄年を迎える女性の年齢&干支

続いて女性です。

前厄 本厄 後厄
18歳
2001年(平成13年)生まれ
巳年(へびどし)
19歳
2000年(平成12年)生まれ
辰年(たつどし)
20歳
1999年(平成11年)生まれ
卯年(うさぎどし)
32歳
1987年(昭和62年)生まれ
卯年(うさぎどし)
33歳
1986年(昭和61年)生まれ
寅年(とらどし)
34歳
1985年(昭和60年)生まれ
丑年(うしどし)
36歳
1983年(昭和58年)生まれ
亥年(いのししどし)
37歳
1982年(昭和57年)生まれ
戌年(いぬどし)
38歳
1981年(昭和56年)生まれ
酉年(とりどし)
60歳
1959年(昭和34年)生まれ
亥年(いのししどし)
61歳
1958年(昭和33年)生まれ
戌年(いぬどし)
62歳
1957年(昭和32年)生まれ
酉年(とりどし)

男性の本厄のうち、33歳、つまり、1986年(昭和61年)生まれの女性が「大厄」となります。

大厄を迎える男性42歳と女性33歳には何が起きる?

厄年災い大厄

本厄の中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄」と言われています。大厄の歳は本厄のよりもさらに体調や環境の変化がきっかけとなり、災厄・災難に見舞われる可能性が高い年だと言われています。

また、33歳は「散々」、42歳は「死に」という言葉にも通じることも、それぞれの年齢が大厄と言われる所以かもしれません。

気になる!2018年(平成30年)厄年の過ごし方

前厄・本厄・後厄・大厄と、ことし厄年を迎える人は、どのように過ごせばよいのでしょうか?

厄払いをしておくと安心!

厄年お祓い祈祷

昔から言い伝えられている通り、厄年には厄払いをするということが一般的かつ安心できる厄年の過ごし方です。

厄払いは「いつ」受けたらいい?

厄払いを受ける時期は、地域や風習によっても異なります。本厄の時だけ受けるパターンもあれば、前厄・本厄・後厄と3会受けるパターンもあります。

また、1年のうち、いつ厄払いに行けばよいのかという決まりも、特にありません。行ける時に厄払いに行きましょう。

厄払いは「どこで」受けたらいい?

厄払いを受ける場所は、住んでいる地域の神社・お寺でも、「ここに行ってみたい!」と思った神社・お寺でもかまいません。

厄払いに必要な費用(お布施)は、しっかり明示されている場合もあれば、曖昧な場合もあります。

まずは厄払いをお願いしようと考えている神社・お寺のホームページで確認してみてください。見つからないようであれば、一般的な厄払いの費用(お布施)と言われている3000円~1万円程度で考えてみてはいかがでしょうか。

忙しければ節分に豆まきしてみるというのもアリ!

厄年豆まき節分

節分は厄の象徴である鬼を払う儀式でもあります。ですから、忙しくて厄払いに行く時間がないということであれば、2月3日の節分に豆まきをするだけでも、立派な厄払いとなります。

2018年(平成30年)今年に厄年を迎える人の運勢とは?

厄年を迎えたから大きな変化は避けた方がいいのかもしれない……そう思っている人はいませんか?

厄年に恋愛だなんて上手くいくはずがない……そう思っている人はいませんか?

それなら、縁結びの聖地“出雲”で圧倒的な人気と実績を誇る今話題の鑑定師である好晏先生に占ってもらいませんか?

出雲の母こうあん好晏

「出雲の母」と呼ばれている好晏(こうあん)先生は、恋愛の縁はもちろん、ありとあらゆる縁を結んでくれると評判の占い師です。

赤い縁を結んだ人は電撃婚を果たし、復縁を望んでいた人は相手から急に連絡が来て関係を修復したり……。好晏先生は1つ1つの縁を鑑定し、迷える人を素晴らしい未来へと導いてくれます。

出逢い・結婚・恋愛はもちろん、仕事やお金、対人関係など、2018年(平成30年)に厄年を迎えるからこそ気になる運勢は「出雲の母」好晏先生に相談してみましょう。

出雲の母

-厄年

関連記事

【2017年厄年】今年厄年の人は要チェック!大厄には何が起きるの?

2017年(平成29年)に厄年を迎える男性・女性とは何歳の人なのでしょうか? また、どのような運勢が待ち構えている可能性があるのでしょうか? 男女別の厄年一覧表を見ながら確認していきましょう。 ◆数え …