恋愛コラム

【告白待ちはもう終わり!】受け身の自分から卒業する方法とは?

投稿日:2018-11-02 更新日:

告白待ち受け身卒業方法
「好きな人がいるんです、けど……」

けど!
けどって何でしょう!?

それは「いつまで経っても告白してくれない」という気持ちの表れではないでしょうか。

自分からは一生懸命、好きという表現をしている”つもり”。

でも、それに反応が返ってこない……。

待ちの体制が辛い……。

そう思うなら、告白待ち・受け身の自分から卒業できる方法を試してみてはいかがでしょう!

受け身卒業法1:「振られるかも」と思わない!

告白待ち受け身卒業方法振られる

片想いをしていると、人間誰しも頭の片隅に「振られるかも……」という思いを抱えるものです。

振られることは、傷つくことや、今の関係が崩れてしまうこと。

怖いですよね。
誰だってそうです。

けれど、振られることばかり考えていては前に進めません。

上手く行く自分を想像して「成功したらこうやって……」と、その後のことを考えているほうが上手く行くのは目に見えています。

それは、日常のことだけではなく恋愛においても、そう。

振られた後のことばかりを考えるのは今日で止めましょう。

受け身卒業法2:自分からの告白してみる

告白待ち受け身卒業方法自分から

自分から告白する……これって物凄い勇気とエネルギーを必要とすることです。

それができれば世話ないですよね。

自分の意見を口にするということは、告白に限らずとても勇気がいること。

なぜなら、あなたに自信がないからではないでしょうか。

自信がないからこそ、否定されれば落ち込むことが分かっているから、勇気が必要。

しかし、意見を否定されたからといって、あなた自身が否定されたわけではありません。
ただの一意見でしかないのです。

これは告白にも言えること。

怖がらず、勇気と自信を持って告白してみましょう!

受け身卒業法3:自分を売り込む

告白待ち受け身卒業方法売り込む

とはいえ、やはり告白は、するよりされたいと考える人が多いのは事実です。

と、なるとやることは一つ。
もっと盛大に自分を売り込むこと!

例えば、彼の目を見つめましょう。
そして、目が合う寸前で、目をそらすのです。

これを何度も繰り返していれば、否応なしに、男性はあなたのことが気になります。

ただし、じっと見つめ続けるのは不信感が出ますのでご注意を。

告白待ち受け身卒業方法偶然

また、男性がコピー機の所にいるなら、あなたもコピーをしに。

男性が給湯室にいるのなら、お茶を入れるために給湯室に。

偶然を装って同じ場所へ行き、男性に近づきましょう。

あくまでも「用事があって来たの」という風にします。

この時、少しでも良いので会話すること。

これを続けると、相手にその気さえあればデートに誘われるのは時間の問題、かもしれません。

告白待ち受け身卒業方法デリケート

以上の具体例には共通のポイントがあります。

それは「告白したら100%成功しますよ」というくらい、女性の側から気持ちを示しているということ。

男性は、あなたが思っている以上に鈍感でデリケートな生き物です。

「もしかして、気がある……? いや、気のせい気のせい!」と、男性も自分の気持ちを否定することだってあります。

女性だけではなく男性も振られるのは怖いですから。

あなたが思っている以上に明確で積極的な表現をしなくては、男性は女性の気持ちに気づいてくれませんし、告白という行動にも出てくれません。

告白待ち受け身卒業方法恋愛結婚

ただ待つだけの自分から大きく変貌していきましょう!

その先には、夢に描いていたラブいっぱいの未来が待っているはずです。

【運命の出逢いは突然に】年齢=彼氏いない歴の私が結婚!?
【無料占い】\伝説の占い師/新宿の母が占う!
夫婦仲・子宝・夫の出世・嫁姑問題
絶望的な悩みも水晶玉子がすべて解決しますよ

-恋愛コラム
-, ,

関連記事

大人げない行動をやめる方法

本物の大人になりたい! 大人げない行動をやめる方法

いい大人なのに、我慢できずに言わなくていいことを言ってしまったり、子どもみたいな態度をとったり。そんな経験で後悔をした人も多いのではないでしょうか。 そんな人のために、大人げない人の特徴と、大人げない …

男性が見せる脈アリ行動

【男性が見せる“脈アリ”な行動】わかりにくいアピールこそ本気の証?

恋の成就を叶えるポイントに、チャンスを逃さないというものがあります。 好きな人の態度の中に好意の気持ちが隠れているのを見つけたら、逃さず反応するのです。 とはいっても、「相手の行動に好意があるかどうか …

彼に長く愛される秘訣

【彼に愛され続けるために必要なこと】気構えがドーンとしている人が強い!?

女性と男性の恋愛の違いで、女性が凄いのは、常に恋愛に対して真っ直ぐなところでしょう。男性がそうでない、というわけではありません。 例えば、ちょっと二人の関係が冷めてきたかもしれない、と感じたなら、男性 …

自虐女オバサン自己否定

「オバサンでごめんね!」……もしかして自虐女になっていない?

最近、時々見かける「自虐女」。 あなたの周りにもいませんか? 「ごめんね、オバサンが隣の席なんてねー! きゃーお肌ピチピチ!」 「そのことなら、こういう理由があるからだよー。無駄に歳食ってるから何でも …

婚活泥沼地獄脱出術

【恋愛事情】予想外にハマって泥沼化⇒婚活地獄からの脱出術

正直、婚活って大変ですよね……。 頑張っているのに、なかなか結果がついてこないことがあるからです。 結果がついてこないと、どんどん疲弊していって、結婚自体「もういいや!」と諦めるなんてことになるケース …